研究業績


| Journal
  1. 莫亜強,松原崇充,山崎公俊 : 「人の実演教示の観察に基づく布製品の胸当て畳み作業能力の獲得 」,日本ロボット学会誌,Vol.37(2019)No.6 pp.523-531, https://doi.org/10.7210/jrsj.37.523
  2. Solvi Arnold, Kimitoshi Yamazaki: “Fast and Flexible Multi-Step Cloth Manipulation Planning using an Encode-Manipulate-Decode Network (EM*D Net), Frontiers Neurorobotics, 2019.
  3. Solvi Arnold, Kazunori Ohno, Ryunosuke Hamada, Kimitoshi Yamazaki: “An image recognition system aimed at search activities using cyber search and rescue dogs,” Journal of Field Robotics, Volume 36, Issue 4, pp. 677 – 695, 2019, https://doi.org/10.1002/rob.21848
  4. Yunduan Cui, James Poon, Jaime Valls Miro, Kimitoshi Yamazaki, Kenji Sugimoto and Takamitsu Matsubara: “Environment-adaptive Interaction Primitives through Visual Context for Human-Robot Motor Skill Learning”, Autonomous Robots, https://doi.org/10.1007/s10514-018-9798-2.
  5. 田中大輔,アーノード・ソービ,山崎公俊:「EM*D-net による動作生成と形状予測に基づく布製品の操作」,日本機械学会論文集,Vol. 84 (2018), No. 864 pp. 18-00069. https://doi.org/10.1299/transjsme.18-00069
  6. Koichiro Matsumoto, Kimitoshi Yamazaki: “An Experimental Study on Surface State Description by Wiping Motion for The Estimation of Floor Surface Condition,” ROBOMECH Journal (2018) 5: 11. https://doi.org/10.1186/s40648-018-0111-0.
  7. Daisuke Tanaka, Solvi Arnold, Kimitoshi Yamazaki: “EMD Net: An Encode-Manipulate-Decode Network for Cloth Manipulation,” IEEE Robotics and Automation Letters, vol. 3, no. 3, pp. 1771-1778, July 2018. doi: 10.1109/LRA.2018.2800122
  8. Sango Matsuzaki, Kimitoshi Yamazaki, Yoshitaka Hara, Takashi Tsubouchi: “Traversable Region Estimation for Mobile Robots in Outdoor Image,” Journal of Intelligent Robots and Systems, https://doi.org/10.1007/s10846-017-0760-x, 2018.
  9. Yusuke Moriya, Daisuke Tanaka, Kimitoshi Yamazaki, Keisuke Takeshita: “A Method of Picking up a Folded Fabric Product by a Single-Armed Robot,” ROBOMECH Journal (2018) 5: 1. https://doi.org/10.1186/s40648-017-0098-y.
  10. Kimitoshi Yamazaki: “A method of classifying crumpled clothing based on image  features derived from clothing fabrics and wrinkles,” Autonomous Robots, Volume 41, Issue 4, pp 865–879, Apr. 2017. [web site]
  11. Hiroyuki Yuba, Solvi Arnold, Kimitoshi Yamazaki: “Unfolding of a rectangular cloth from unarranged starting shapes by a Dual-Armed robot with a mechanism for managing recognition error and uncertainty,” Advanced Robotics, Vol.31, Issue 10, pp. 544 – 556, http://dx.doi.org/10.1080/01691864.2017.1285722, Jan. 2017(平成29年).
  12. 松崎燦心,山崎公俊,原祥尭,坪内孝司:「人手による画像上への経路指示を利用したスコアの学習に基づく妥当な走行領域の推定」,日本ロボット学会誌, 34, No. 8, pp.558 – 568, 2016年11月(平成28年).
  13. Kimitoshi Yamazaki, Tomohiro Nishino, Kotaro Nagahama, Kei Okada and Masayuki Inaba:“ Use of character information by autonomous robots based on character string detection in daily environments,” Robotica, Vol. 34, Issue 5, pp.1113-1127, May 2016(平成28年).
  14. Kimitoshi Yamazaki, Ryosuke Oya, Kotaro Nagahama, Kei Okada and Masayuki Inaba: “Bottom Dressing by a Dual-arm Robot Using a Clothing State Estimation Based on Dynamic Shape Changes,” International Journal of Advanced Robotic Systems, ISSN 1729-8806, Jan. 2016(平成28年). [download PDF]
  15. Kimitoshi Yamazaki, Kiyohiro Sogen, Takashi Yamamoto and Masayuki Inaba: “Feasibility Study of Textureless Object Detection and Pose Estimation Based on a Model with 3D Edgels and Surfaces,” Journal of Behavioral Robotics, Vol. 6, Issue 1, pp. 191 – 204, Dec. 2015(平成27年). [download PDF]
  16. 弓場寛之,山崎公俊:「単腕ロボットによる巻き込み防止器具を用いた矩形布生地の展開」,システム制御情報学会誌, 28, No. 6, pp.267 – 274, 2015年6月(平成27年)
  17. Masamichi Shimoda, Kimitoshi Yamazaki: “Quality visual landmark selection based on distinctiveness and repeatability,” ROBOMECH Journal, 2:16, Nov. 2015(平成27年).
  18. Kimitoshi Yamazaki: “A method of grasp point selection from an item of clothing using hem element relations,” Advanced Robotics, Vol. 29, No. 1, pp.13 – 24, Jan. 2014(平成26年).
  19. Yoshiaki Watanabe, Kotaro Nagahama, Kimitoshi Yamazaki, Kei Okada and Masayuki Inaba: “Cooking Behavior with Handling General Cooking Tools based on a System Integration for a Life-sized Humanoid Robot,” Journal of Behavioral Robotics, Vol. 4, No. 2, pp.63 – 72, Dec. 2013(平成25年).
  20. 山崎公俊,稲葉雅幸:「布地の折れ重なりやしわの状態,布地に着目した画像特徴量による無造作に置かれた布製品の個体識別」,計測自動制御学会論文集,49, No.7,pp.661 – 669, 2013年7月. (平成25年)
  21. Kimitoshi Yamazaki, Takemitsu Mori, Takashi Yamamoto and Masayuki Inaba: “Cuboid-based mapping using time-series range data for a daily assistive robot working on a daily environment,” Advanced Robotics, Vol.27, No.4, pp.287 – 299, Feb. 2013(平成25年).
  22. Kotaro Nagahama, Tomohiro Nishino, Kimitoshi Yamazaki, Kei Okada and Masayuki Inaba: “Attention region detection and tracking for observing a person manipulating day-to-day objects,”International Journal of Mechatronics and Automation, Vol. 3, No. 1, pp.58 – 67, Jan. 2013(平成25年).
  23. Kimitoshi Yamazaki, Ryohei Ueda, Shunichi Nozawa, Mitsuharu Kojima, Kei Okada, Kiyoshi Matsumoto, Masaru Ishikawa, Isao Shimoyama and Masayuki Inaba: “Home Assistant Robot for an Aging Society,” Proceeding of the IEEE, Vol.100, No.8, pp.2429 – 2441, Aug. 2012(平成24年).
  24. 山崎公俊,森健光,山本貴史,稲葉雅幸:「生活支援ロボットの作業空間把握のための時系列距離データに適したマップ表現と平面検出」,日本ロボット学会誌,30, No.4, pp.443 — 452, 2012年6月(平成24年).
  25. 山崎公俊,稲葉雅幸: 「仮想マニピュレータを用いた移動ロボットの反射的動作生成法」, 日本ロボット学会誌, vol.29, no.2, pp.163-171,2011年2月(平成23年).
  26. Kimitoshi Yamazaki, Ryohei Ueda, Shunichi Nozawa, Yuto Mori, Toshiaki Maki, Naotaka Hatao, Kei Okada and Masayuki Inaba: “Tidying and Cleaning Rooms using a Daily Assistive Robot – An Integrated System for Doing Chores in Real World -,” Journal of Behavioral Robotics, Vol.1, No.4, pp.231 – 239, 2010(平成22年).
  27. Hiroaki Yaguchi, Nikolaus Zaoputra, Naotaka Hatao, Kimitoshi Yamazaki, Kei Okada, Masayuki Inaba: “View-based Localization Using Head-Mounted Multi Sensors Information,” Journal of Robotics and Mechatoronics, vol.21, no.3, pp.376 – 383, 2009(平成21年).
  28. Kimitoshi Yamazaki, Masahiro Tomono and Takash Tsubouchi: “Pose Planning for a Mobile Manipulator based on Joint Motions for Posture Adjustment to End-Effector Error,” Advanced Robotics,vol.22, no.4, pp.411 – 431, 2008(平成20年).
  29. Kimitoshi Yamazaki, Takashi Tsubouchi and Masahiro Tomono: “Furniture Model Creation Through Direct Teaching to a Mobile Robot,” Journal of Robotics and Mechatoronics, vol.20, no.2, pp.213 – 220, 2008(平成20年).[PDF]
  30. 山崎公俊, 友納正裕, 坪内孝司, 油田信一 : 「移動ロボット搭載のカメラを用いた物体の三次元形状モデリング」日本ロボット学会誌, Vol.23, No.7, pp.102 – 111,2005年10月(平成17年).

| 総説・解説・レビュー
  1. 渡辺哲陽,山崎公俊,横小路泰義:「実環境における実応用に向けた物体操作研究 -物体認識・ソフトロボットハンド・チャレンジプログラムとベンチマーク-」,日本ロボット学会誌,Vol.36, No.5, pp. 34 – 43, 2018.
  2. 山崎公俊:「知能ロボットによる布製品操作のためのセンサ情報処理と認識」,画像ラボ,pp. 25 – 30, 2018.
  3. 山崎公俊,Solvi Arnold:「遠隔移動体を用いた災害時捜索活動のための画像認識システム」,画像ラボ,Vol. 29, No. 2, pp. 7 – 14, 2018.
  4. 山崎公俊:「畳み込み演算を利用したロボットビジョンアプリケーション」,日本ロボット学会誌,Vol.35, No.9, pp.644 – 647, 2017.
  5. 山崎公俊:「自律型ロボットによる布製品の認識と操作」,計測と制御,第56巻,第10号,2017年10月号.
  6. Tetsuyou Watanabe, Kimitoshi Yamazaki, Yasuyoshi Yokokoji: “Survey of robotic manipulation studies intending practical applications in real environments -object recognition, soft robot hand, and challenge program and benchmarking-“, Advanced Robotics, Vol.31, Issue 19-20, pp. 1114-1132, 2017.
  7. 山崎公俊,倉爪亮:「移動ロボットのための地図の表現と獲得」,日本ロボット学会誌,Vol. 33, No. 10, pp. 748 – 753, 2015.
  8. 山崎公俊,「書評 イラストで学ぶ 人工知能概論」,計測と制御,第54巻,第12号,pp. 922, 2015.
  9. 大野和則,山崎公俊,下坂正倫:「データ工学ロボティクス」,日本ロボット学会誌,Vol. 33, No. 2, pp.35 – 37, 2015.
  10. 友納正裕,山崎公俊:「三次元物体のモデリング・認識とロボティクスへの応用」, 日本ロボット学会誌, Vol.26, No.4, pp.318 – 321 (2008).
  11. 山崎公俊,友納正裕,坪内孝司,油田信一:「カメラを搭載した移動ロボットによる物体のオンライン3次元モデリング」,映像情報インダストリアル2004年12月号, pp.61 – 68 (2004).

| International Conference
  1. Yoshihisa Tsurumine, Yunduan Cui, Kimitoshi Yamazaki, Takamitsu Matsubara: “Generative Adversarial Imitation Learning with Deep P-Network for Robotic Cloth Manipulation,” in Proc. of The 2019 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots, 2019.
  2. Daisuke Tanaka, Sho Tsuda, Kimitoshi Yamazaki: “A Learning Method of Dual-arm Manipulation for Cloth Folding Using Physics Simulator”, Proceedings of 2019 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, pp. 756-762 , Tianjin, China, August 4-7, 2019. [PDF]
  3. Kazuki Sano, Siguma Iijima, Kimitoshi Yamazaki: “A Case Study on Automated Manipulation for Hooking Wiring of Flexible Flat Cables”, Proceedings of 2019 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, pp. 793-798, Tianjin, China, August 4-7, 2019. [PDF]
  4. Rui Zhu, Kotaro Nagahama, Keisuke Takeshita, Kimitoshi Yamazaki: “A Method of Online Motion Generation Using Swept Volumes Collected in Advance”, Proceedings of 2019 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, pp.1842-1847, Tianjin, China, August 4-7, 2019.[PDF]
  5. Koichiro Matsumoto, Kimitoshi Yamazaki: “Floor Surface Property Estimation based on Measurement of Hardness and Viscosity Using Wiping-motion and Separating-motion”, Proceedings of 2019 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation, pp.2552-2558, Tianjin, China, August 4-7, 2019. [PDF]
  6. Kimitoshi Yamazaki, Taichi Higashide, Daisuke Tanaka, Kotaro Nagahama: “Assembly Manipulation Understanding Based on 3D Object Pose Estimation and Human Motion Estimation”, Proceedings of the 2018 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, pp.802-807(Paper No. 18-130), Kuala Lumpur, Malaysia, December 12-15, 2018. [PDF]
  7. Satonori Demura, Yaqiang Mo, Kotaro Nagahama and Kimitoshi Yamazaki: “A Trajectory Modification Method for Tool Operation Based on Human Demonstration Using MITATE Technique”, Proceedings of the 2018 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, pp.1915-1920(Paper No. 18-310), Kuala Lumpur, Malaysia, December 12-15, 2018.[PDF]
  8. Satonori Demura, Kazuki Sano, Wataru Nakajima, Kotaro Nagahama, Keisuke Takeshita, Kimitoshi Yamazaki: “Picking up One of the Folded and Stacked Towls by a Single Arm Robot”, Proceedings of the 2018 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, pp.1551-1556(Paper No. 18-251), Kuala Lumpur, Malaysia, December 12-15, 2018.[PDF]
  9. Kotaro Nagahama, Keisuke Takeshita, Hiroaki Yaguchi, Kimitoshi Yamazaki, Takashi Yamamoto and Masayuki Inaba: “Estimating Door Shape and Manipulation Model for Daily Assistive Robots based on the Integration of Visual and Touch Information”, 2018 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems(IROS), pp.7660-7666(Paper ThDTS8.5), Madrid, Spain, October 1-5, 2018.[PDF]
  10. Kimitoshi Yamazaki: “Gripping Positions Selection for Unfolding a Rectangular Cloth Product”, 14th IEEE International Conference on Automation Science and Engineering (CASE2018) , pp.606-611, Munich, Germany, August 20-24, 2018.[PDF]
  11. Kotaro Nagahama, Keisuke Takeshita, Hiroaki Yaguchi, Kimitoshi Yamazaki, Takashi Yamamoto and Masayuki Inaba: “A Learning Method for a Daily Assistive Robot for Opening and Closing Doors Based on Simple Instructions”, 14th IEEE International Conference on Automation Science and Engineering (CASE2018) , pp.599-605, Munich, Germany, August 20-24, 2018.
  12. Mo Yaqiang, Takamitsu Matsubara, Kimitoshi Yamazaki: “Folding Behavior Acquisition of a Shirt Placed on the Chest of a Dual-Arm Robot”, International Conference on Information and Automation(ICIA2018), pp.190-195, Wuyi Mountain, Fujian, China, 2018.8.11.
  13. Daisuke Tanaka, Solvi Arnold and Kimitoshi Yamazaki: “EMD Net: An Encode-Manipulate-Decode Network for Cloth Manipulation”, IEEE Robotics and Automation Letters (RAL) paper presented at the 2018 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA),  Paper TuA@E.7, Brisbane, May 22, 2018.[PDF]
  14. Masaki Murase, Kimitoshi Yamazaki and Takamitsu Matsubara: “Kullback Leibler Control Approach to Rubber Band Manipulation”, IEEE/SICE International Symposium on System Integration, 2017. [PDF]
  15. Solvi Arnold, Kimitoshi Yamazaki: “Real-time scene parsing by means of a convolutional neural network for mobile robots in disaster scenarios”, IEEE International Conference on Information and Automation, pp. 201 — 207, Macau, 18. Jul. 2017. [PDF]
  16. Kimitoshi Yamazaki: “Selection of Grasp Points of Cloth Product on a Table Based on Shape Classification Feature”, IEEE International Conference on Information and Automation, pp. 136 — 141, Macau, 18. Jul. 2017. [PDF]
  17. Yosuke Koishihara, Solvi Arnold, Kimitoshi Yamazaki, Takamitsu Matsubara: “Hanging Work of T-Shirt in Consideration of Deformability and Stretchability”, IEEE International Conference on Information and Automation, pp. 130-135, Macau, 18. Jul. 2017. [PDF]
  18. Nahum Alvarez, Kimitoshi Yamazaki: “An Interactive Simulator for Deformable Linear Objects Manipulation Planning”, 2016 IEEE International Conference on Simulation, Modeling, and Programming for Autonomous Robots, pp. 259-267, 2016/12/16. [PDF]
  19. Nahum Alvarez, Kimitoshi Yamazaki and Takamitsu Matsubara: “An Approach to Realistic Physical Simulation of Digitally Captured Deformable Linear Objects”, 2016 IEEE International Conference on Simulation, Modeling, and Programming for Autonomous Robots, pp. 135-140, 2016/12/15. [PDF]
  20. Solvi Arnold and Kimitoshi Yamazaki: “Implicit Policies for Deformable Object Manipulation with Arbitrary Start and End States: A Novel Evolutionary Approach,” 2016 IEEE Conference on Robotics and Biomimetics, pp. 1776 — 1781, Qingdao, 6. Dec. 2016. [PDF]
  21. Yunduan Cui, James Poon, Takamitsu Matsubara, Jaime Valls Miro, Kenji Sugimoto, Kimitoshi Yamazaki: “Environment-adaptive Interaction Primitives for Human-Robot Motor Skill Learning,” in Proc. of IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robotics, pp.711 – 717, Nov. 2016.
  22. Kimitoshi Yamazaki: “Instance Recognition of Clumped Clothing Using Image Features Focusing on Clothing Fabrics and Wrinkles,” in Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, pp.1102 – 1108, Dec. 2015. [PDF]
  23. Hiroyuki Yuba, Solvi Arnold and Kimitoshi Yamazaki: “Unfolding of a Rectangular Cloth Based on Action Selection Depending on Recognition Uncertainty,” IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 623 – 628, Dec. 2015.[PDF]
  24. Yusuke Moriya, Nahum Alvarez, and Kimitoshi Yamazaki: “Trajectory Planning for Reaching an Object on a Table Using Accumulated Action Data,” IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp.696 – 701, Dec. 2015. [PDF]
  25. Koichiro Matsumoto, Kimitoshi Yamazaki:”Identification and Pose Estimation of a Stick-like Object by a Tactile Sensor System for a Robot Hand,” International Conference on Advanced Mechatronics, pp.290 – 291, Tokyo, 2015/12. [PDF]
  26. Kimitoshi Yamazaki, Ryosuke Oya, Kotaro Nagahama, Kei Okada and Masayuki Inaba:“Bottom Dressing by a Life-Sized Humanoid Robot Provided Failure Detection and Recovery Functions,” IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp.564 – 570, Tokyo,2014/12. [PDF]
  27. Hiroyuki Yuba, Kimitoshi Yamazaki:“Unfolding an Item of Rectangular Clothing Using a Single Arm and an Assistant Instrument,” IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp. 571 – 576, Tokyo, 2014/12. [PDF]
  28. Kimitoshi Yamazaki: “Grasping Point Selection on an Item of Crumpled Clothing Based on Relational Shape Description,” IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Sep. 2014. [PDF]
  29. Kimitoshi Yamazaki, Kiyohiro Sogen, Takashi Yamamoto and Masayuki Inaba: “3D Shape Modeling of Movable Parts of Furniture Based on Time-Series Surface Correspondence,” IEEE International Conference on Automation Science and Engineering, pp. 249 – 254, Aug. 2014. [PDF]
  30. Koichiro Matsumoto and Kimitoshi Yamazaki: “An Object Classification Framework Based on Unmeasurable Area Patterns Found in 3D Range Images,” IEEE International Conference on Automation Science and Engineering, pp.242 – 248, Aug. 2014. [PDF]
  31. Kimitoshi Yamazaki, Tomohiro Nishino, Kotaro Nagahama, Kei Okada, Masayuki Inaba: “A Vision System for Daily Assistive Robots Using Character Information in Daily Environments,”in Proc. of the 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration,pp.901 – 906, 2013/12/14. [PDF]
  32. Kimitoshi Yamazaki, Ryosuke Oya, Kotaro Nagahama, Masayuki Inaba: “A Method of State Recognition of Dressing Clothes Based on Dynamic State Matching,” in Proc. of the 2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration, pp.406 – 411, Kobe, 2013/12/15. [PDF]
  33. Yohei Kakiuchi, Shunichi Nozawa, Kimitoshi Yamazaki, Kei Okada, Masayuki Inaba: “Assistive System Research for Creative Life Management on Robotics and Home Economics,”in Proc. of the 2013 IEEE Workshop on Advanced Robotics and its Social Impacts pp. 151 – 156,Tokyo, 2013/11/8.
  34. Kimitoshi Yamazaki and Masayuki Inaba: “Clothing Classification Using Image Features Derived from Clothing Fabrics, Wrinkles and Cloth Overlaps,” in Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Robots and Systems, pp. 2710 – 2717, Tokyo, 2013/11/5. [PDF]
  35. Kotaro Nagahama, Kimitoshi Yamazaki, Kei Okada, Masayuki Inaba: “Manipulation of Multiple Objects in Close Proximity Based on Visual Hierarchical Relationships,” in Proc. of The 2013 IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.1295 – 1302, 2013.[PDF]
  36. Kimitoshi Yamazaki, Ryo Hanai, Hiroaki Yaguchi, Kotaro Nagahama, Katsuyoshi Yamagami, Masayuki Inaba: “Comparing Investigation of Images and 3D Mesh Model For Categorizing Electric Appliance Components,” in Proc. of the 2013 IAPR International Conference on Machine Vision Applications, pp.427 – 430, 2013. [PDF]
  37. Kotaro Nagahama, Kimitoshi Yamazaki, Kei Okada, Masayuki Inaba: “Hierarchical Estimation of Multiple Objects from Proximity Relationships Arising from Tool Manipulation,” in Proc. of the 2012 IEEE-RAS International Conference on Humanoid Robots (Humanoids 2012), pp.666 – 673, 2012[PDF].
  38. Naotaka Hatao, Satoshi Katami, Ryo Hanai, Kimitoshi Yamazaki and Masayuki Inaba:” Construction of Semantic Maps for Personal Mobility Robots in Dynamic Outdoor Environments,”International Conference on Field and Service Robotics, Paper No. 70, 2012.[PDF]
  39. Kimitoshi Yamazaki, Takemitsu Mori, Takashi Yamamoto and Masayuki Inaba: “Cuboid-Based Workspace Mapping and Plane Detection using Time-Series Range Data,” in Proc. of IEEE Int’l Conf. on Robotics and Biomimetics, pp.583 – 590 (2011).[PDF]
  40. Tien Coung Kieu, Kimitoshi Yamazaki, Ryo Hanai, Kei Okada and Masayuki Inaba: “Grasp Observation and Reproduction by Humanoid Robots Using Color Camera and 3D Sensor,” in Proc. of IEEE/SICE Int’l Symposium on System Integration, pp.808 – 813 (2011).[PDF]
  41. Kimitoshi Yamazaki, Masayuki Inaba, Takemitsu Mori and Takashi Yamamoto: “Online Collision and Occlusion Detection Based on 3D Cuboid Maps for a Daily Assistive Robot with a Tilting LRF,” in Proc. of IEEE Int’l Conf. on Mechatronics and Automation, pp.767-772  (2011).[PDF]
  42. Kotaro Nagahama, Tomohiro Nishino, Mitsuharu Kojima, Kimitoshi Yamazaki, Kei Okada and Masayuki Inaba: “End Point Tracking for a Moving Object with Several Attention Regions by Composite Vision System,” in Proc. of IEEE Int’l Conf. on Mechatronics and Automation, pp.590 – 596 (2011)[PDF].
  43. Kimitoshi Yamazaki, Kotaro Nagahama and Masayuki Inaba: “Daily Clothes Observation from Visible Surfaces Based on Wrinkle and Cloth-Overlap Detection,” in Proc. of the IAPR Conf. on Machine Vision Applications, pp.275 – 278 (2011).[PDF]
  44. Tomohiro Nishino, Kimitoshi Yamazaki, Kei Okada and Masayuki Inaba: “Extraction of Character String Regions from Scenery Images Based on Contours and Thickness of Characters,” in Proc. of the IAPR Conf. on Machine Vision Applications, pp.307 – 310 (2011).
  45. Ryo Hanai, Kimitoshi Yamazaki, Hiroaki Yaguchi, Kenji Sato, Kei Okada and Masayuki Inaba: “Electric appliance parts classification using a measure combining the whole shape and local shape distribution similarities,” in Proc. of 3DIM-PVT, pp.296 – 303 (2011).[PDF]
  46. Kimitoshi Yamazaki, Yoshiaki Watanabe, Kotaro Nagahama, Kei Okada and Masayuki Inaba: “Recognition and Manipulation Integration of a Daily Assistive Robot Working on Kitchen Environment,” in Proc. of IEEE Int’l Conf. on Robotics and Biomimetics, pp.196 – 201 (2010).[PDF]
  47. Manabu Saito, Kimitoshi Yamazaki, Naotaka Hatao, Ryo Hanai, Kei Okada and Masayuki Inaba: “Pedestrian Detection using a LRF and a Small Omni-view Camera for Outdoor Personal Mobility Robot,” in Proc. of IEEE Int’l Conf. on Robotics and Biomimetics, pp.155 – 160 (2010).[PDF]
  48. Kimitoshi Yamazaki, Ryohei Ueda, Shunichi Nozawa, Yuto Mori, Toshiaki Maki, Naotaka Hatao, Kei Okada and Masayuki Inaba: “System Integration of a Daily Assistive Robot and its Application to Tidying and Cleaning Rooms,” in Proc. of IEEE Int’l Conf. on Intelligent Robots and Systems, pp.1365 – 1371 (2010).[PDF]
  49. Kimitoshi Yamazaki and Masayuki Inaba: “Trajectory Control of Wheeled Mobile Robots Based on Virtual Manipulators,” in Proc. of IEEE Int’l Conf. on Intelligent Robots and Systems, pp.2973 – 2978 (2009).[PDF
  50. Naotaka Hatao, Ryo Hanai, Kimitoshi Yamazaki, Masayuki Inaba: “Real-Time Navigation for a Personal Mobility Robot in an Environment with Pedestrians,” in Proc. of 18th IEEE Int’l Symposium on Robot and Human Interactive Communication, pp.619 – 626 (2009).[PDF]
  51. Kimitoshi Yamazaki and Masayuki Inaba: “A Cloth Detection Method Based on Wrinkle Features for Daily Assistive Robots,” Proc. of the IAPR Conf. on Machine Vision Applications, pp.366 – 369 (2009).[PDF]
  52. Kimitoshi Yamazaki, Takashi Tsubouchi and Masahiro Tomono: “Modeling and Motion Planning for Handling Furniture by a Mobile Manipulator,” in Proc. of IEEE Int’l Conf. on Intelligent Robots and Systems, pp.1926 – 1931 (2007). [PDF]
  53. Kimitoshi Yamazaki, Masahiro Tomono and Takashi Tsubouchi: “Picking up and Unknown Object Through Autonmous Modeling and Grasping by a Mobile Manipulator,” in Proc. of The 6th Int’l Conf. on Field and Service Robotics, pp.563 – 571 (2007). [PDF]
  54. Kimitoshi Yamazaki, Takashi Tsubouchi and Masahiro Tomono: “Furniture Model Creation based on Direct Teaching to a Mobile Robot,” in Proc. of IAPR Conf. on Machine Vision and Applications, pp.272 – 275 (2007). [PDF]
  55. Kimitoshi Yamazaki, Masahiro Tomono, Takashi Tsubouchi and Shin’ichi Yuta: “Motion Planning for a Mobile Manipulator with Several Grasping Postures,” in Proc. of IEEE Int’l Conf. on Robotics and Biomimetics, pp.1077 – 1082 (2006). [PDF]
  56. Kimitoshi Yamazaki, Masahiro Tomono, Takashi Tsubouchi and Shin’ichi Yuta: “Motion Planning for a Mobile Manipulator Based on Joint Motions for Error Recovery,” in Proc. of IEEE/RSJ Int’l Conf. on Intelligent Robots and Systems, pp.7-12 (2006). [PDF]
  57. Kimitoshi Yamazaki, Masahiro Tomono, Takashi Tsubouchi and Shin’ichi Yuta: “A Grasp Planning for Picking up an Unknown Object for a Mobile Manipulator,” in Proc. of IEEE Int’l Conf. on Robotics and Automation, pp.2143 – 2149 (2006). [PDF]
  58. Kimitoshi Yamazaki, Masahiro Tomono, Takashi Tsubouchi and Shin’ichi Yuta: ”Object Shape Reconstruction and Pose Estimation by a Camera Mounted on a Mobile Robot,” in Proc. of IEEE/RSJ Int’l Conf. on Intelligent Robots and Systems, pp.4019 – 4025 (2004). [PDF]
  59. Kimitoshi Yamazaki, Masahiro Tomono, Takashi Tsubouchi and Shin’ichi Yuta: “3-D Object Modeling by a Camera Equipped on a Mobile Robot,” in Proc. of IEEE Int’l Conf. on Robotics and Automation, pp.1399 – 1405 (2004). [PDF]

| Workshop, Symposium
  1. 山崎公俊:「不定形物操作システムの研究開発」,第37回日本ロボット学会学術講演会, NEDO「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」企画オープンフォーラム,2019. 9. 7
  2. Solvi Arnold and Kimitoshi Yamazaki, “A Neural Network Approach for Fast and Flexible Multi-Step Cloth Manipulation Planning”, Workshop in Machine Learning in the Planning and Control of Robot Motion(at ICRA2018), 2018.5.
  3. Kei Okada, Kimitoshi Yamazaki, Ryohei Ueda, Shunichi Nozawa, and Masayuki Inaba: “Perception based error recovery system for daily assistive robots,” Workshop on Int’l Conf. on Robots and Systems,2009.10.
  4. Kei Okada, Satoru Tokutsu, Toshiaki Maki, Yuto Mori, Ryohei Ueda, Shunnichi Nozawa, Kimitoshi Yamazaki, Masayuki Inaba: “Motion and Task Planning for HRP2JSK Humanoid Robots,” Workshop on Int’l Conf. on Robotics and Automation,2009.5.
  5. Kimitoshi Yamazaki, Ryohei Ueda, Shunichi Nozawa, Yuto Mori, Toshiaki Maki, Naotaka Hatao, Kei Okada, Masayuki Inaba: “A Demonstrative Research for Daily Assistive Robots on Tasks of Cleaning and Tidying up Rooms,” in First International Symposium on Quality of Life Technology,4 pages, 2009.5.
  6. Kimitoshi Yamazaki, Mitsuharu Kojima, Sigeru Kanzaki, Kei Okada, Masayuki Inaba: “Task Oriented Recognition and Manipulation for Daily Assistance by a Dual Arm Robot,” in Proc. of 2nd Int’l Symposium on Information and Robot Technology,4 pages,2008.3.

| Book
  1. “Disaster Robotics -Results from the ImPACT Tough Robotics Challenge-,” Editors: Tadokoro, Satoshi (Ed.), Springer, ISBN 978-3-030-05321-5, 2019.1(https://www.springer.com/us/book/9783030053208)
  2. 「センサフュージョン技術の開発と応用事例」,技術情報協会,ISBN: 978-4-86104-736-7,2019.1.
  3. 「実用ロボット開発のためのROSプログラミング」,森北出版,ISBN: 978-4-627-67581-0, 2018.10.
  4. Naotaka Hatao, Satoshi Kagami, Ryo Hanai, Kimotoshi Yamazaki and Masayuki Inaba: “Construction of Semantic Maps for Personal Mobility Robots in Dynamic Outdoor Environments,” Field and Service Robotics, Springer Tracts in Advanced Robotics, Vol. 92, pp. 281 – 296, 2014.
  5. Masayuki Inaba, Kei Okada, Tomoaki Yoshikai, Ryo Hanai, Kimitoshi Yamazaki, Yuto Nakanishi, Hiroaki Yaguchi, Naotaka Hatao, Junya Fujimoto, Mitsuharu Kojima, Satoru Tokutsu, Kunihiko. Yamamoto, Youhei Kakiuchi, Toshiaki Maki, Shunichi. Nozawa, Ryohei Ueda, Ikuo Mizuuchi:”Enhanced Mother Environment with Humanoid Specialization in IRT Robot Systems,”in Cedric Pradalier and Roland Siegwart and Gerhard Hirzinger (編): Robotics Research: The 14th International Symposium ISRR, pp.379 – 396, Springer (2011). ISBN 978-364-219-456-6.
  6. Kimitoshi Yamazaki, Takashi Tsubouchi, Masahiro Tomono: Chapter: “Autonomous 3D Shape Modeling and Grasp Planning for Handling Unknown Object” in Advances in Robot Manipulators, IN-TECH, pp.479 – 495 (2010). ISBN 978-953-307-073-5.

| Domestic conference (with review)
  1. 山崎公俊:「ニューラルネットワークによる線形写像行列の算出に基づくマニピュレータの動作生成」,第24回ロボティクスシンポジア,pp.32-33,2019.3.14.[PDF]
  2. 莫亜強,松原崇充,山崎公俊:「折り畳み作業の分節と手先軌道探索に基づく人型ロボットの布製品操作能力の獲得」,第24回ロボティクスシンポジア,pp.30-31,2019.3.14.[PDF]
  3. 莫亜強,田中大輔,長濱虎太郎,松原崇充,山崎公俊:「双腕ロボットによる身体部位を用いた布製品の折り畳み行動の獲得」,第23回ロボティクスシンポジア,pp.137-138,2018.3.15.[PDF]
  4. 松本廣一郎,山崎公俊:「建物内探索ロボットのための表面状態推定に向けた払い動作による表面状態記述方法の実験的検討」,第23回ロボティクスシンポジア,pp.227-230,2018.3.15.[PDF]
  5. 長濱虎太郎,竹下 佳佑,矢口 裕明,山崎 公俊,山本 貴史,稲葉 雅幸:「生活支援ロボットの視覚と手先感覚統合による扉形状・操作モデル推定」,第23回ロボティクスシンポジア,pp.176-178,2018.3.14.[PDF]
  6. 田中大輔,Solvi Arnold,山崎公俊:「EM*D-net による動作生成と形状予測に基づく布製品の操作」,第23回ロボティクスシンポジア,pp.83-84,2018.3.14.[PDF]
  7. 山崎公俊:「形状分類に基づく机上に置かれた布製品の把持点検出」,第22回ロボティクスシンポジア予稿集,pp. 119 – 120, 2017.3.15. [PDF]
  8. Arnold Solvi, 山崎公俊:「畳み込み自己符号化器を用いた対話的学習に基づく災害対応のための画像認識システム」,第22回ロボティクスシンポジア予稿集,pp. 211 – 212, 2017.3.16. [PDF]
  9. 山崎公俊:「テクスチャと色情報を用いた森林画像の領域分割と種別」,第21回ロボティクスシンポジア予稿集,pp. 62 – 67, 2016.3.17. [PDF]
  10. 山崎公俊,入江清,友納正裕:「屋外画像からの遠近情報の推定と路面領域の検出」,第20回ロボティクスシンポジア予稿集,pp. 532 – 538,2015年3月. [PDF]
  11. 松崎燦心,山崎公俊,原祥尭,坪内孝司:「人手による指示経路の学習に基づく移動ロボットの妥当な走行領域の推定」,第20回ロボティクスシンポジア予稿集,pp. 539 – 545,2015年3月.[PDF]
  12. 山崎公俊:「無造作に置かれた布製品の把持位置決定手法」,第19回ロボティクスシンポジア予稿集,pp. 183 – 188,2014年3月. [PDF]
  13. 山崎公俊, 花井亮, 稲葉雅幸:「無造作に置かれた布製品の画像による分類」,第17回ロボティクスシンポジア予稿集,pp. 469 – 475, 2012年3月(平成24年).[PDF]
  14. 長濱 虎太郎, 山崎 公俊, 岡田 慧, 稲葉 雅幸:「人の道具操作観察における複数領域追跡による重畳・随伴関係推定と操作機能分類, in 第17回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.534-540, 2012年3月 (平成24年). [PDF]
  15. 山崎公俊, 森健光,山本貴史,稲葉雅幸:「生活支援ロボットのための時系列距離データに適した空間表現と平面検出」,第16回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.600-606,2011年3月(平成23年).[PDF]
  16. 花井亮,山崎公俊, 矢口裕明,山上勝義,佐藤顕治,岡田慧,稲葉雅幸: 「全体形状と局所形状分布の類似性による変形物を含む三次元計測データの分類」,第16回ロボティクスシンポジア, pp.155-160,2011年3月(平成23年).
  17. 畑尾直孝,花井亮,山崎公俊, 稲葉雅幸: 「複数仮説相関方式を用いた屋外環境における移動物体の識別及び追跡の実現」, 第16回ロボティクスシンポジア, pp.147-154,2011年3月(平成23年).
  18. 斉藤学,山崎公俊, 畑尾直孝,花井亮,岡田慧,稲葉雅幸:「屋外PMRのためのLRFと小型全方位カメラを併用した広範囲からの人検出」, 第13回画像の理解・認識シンポジウム予稿集, pp. 456 – 461,2010年7月(平成22年).[PDF]
  19. 山崎公俊, 稲葉雅幸: 「仮想マニピュレータによる多関節ロボットの動作制御」, 第15回ロボティクスシンポジア予稿集, pp. 391 – 396,2010年3月(平成22年).[PDF]
  20. 山崎公俊, 植田亮平, 野沢峻一, 森優人, 槙俊明, 畑尾直孝, 岡田慧, 稲葉雅幸: 「掃除片付けタスクをこなす生活支援ロボットのための認識行動システム実証研究」, 第14回ロボティクスシンポジア予稿集, pp.522 – 527,2009年3月(平成21年).[PDF]
  21. 山崎公俊 , 坪内孝司 , 友納正裕: 「移動マニピュレータへの直接的教示に基づく物体収納作業のための動作計画」,第12回ロボティクスシンポジア,6ページ,2007年3月(平成19年).[PDF]
  22. 山崎公俊, 友納正裕, 坪内孝司, 油田信一: 「移動マニピュレータに搭載するための三次元小型物体の把持計画」, 第11回ロボティクスシンポジア, pp.339 – 344,2006年3月(平成18年).[PDF]
  23. 山崎公俊, 友納正裕, 坪内孝司, 油田信一: 「移動ロボットに搭載したカメラの視点移動による物体の3次元形状モデリング」,第9回ロボティクスシンポジア, pp.312 – 317,2004年3月(平成16年).[PDF]
  24. 山崎公俊, 友納正裕, 坪内孝司, 油田信一:「移動マニピュレータによる物体ひろいあげに関する研究(第一報)~実環境中の把持対象物体の認識~」, 第8回ロボティクスシンポジア, pp.337 – 342,2003年3月(平成15年).[PDF]

| Domestic conference (without review)
  1. 池神奈穂美,藤波香絵,山崎公俊:「 調理行動の理解に向けた切断作業における食材と加工方法の同時識別 」, 計測自動制御学会中部支部シンポジウム2019,講演番号PM-10, 2019.9.24. [PDF]
  2. 宮入恭祐,野澤秀隆,白鳥敬日瑚,山崎公俊:「 立位における上半身姿勢のオンライン可視化および評価」 , 計測自動制御学会中部支部シンポジウム2019,講演番号PM-12, 2019.9.24. [PDF]
  3. 阿部泰樹,山崎公俊:「 穴部を有する小物体のバラ積みピッキングに向けたフレキシブルハンドの開発 」 , 計測自動制御学会中部支部シンポジウム2019,講演番号PI-4, 2019.9.24. [PDF]
  4. 川崎雄一,Solvi Arnold,山崎公俊:「 円筒ブラシを用いた綿布取り出し作業の自動化 」 , 計測自動制御学会中部支部シンポジウム2019,講演番号PI-5, 2019.9.24. [PDF]
  5. 出村聡規,長濱虎太郎,山崎公俊:「 見立て表現の解釈に基づく道具操作の観察学習 」 , 計測自動制御学会中部支部シンポジウム2019,講演番号PR-4, 2019.9.24. [PDF]
  6. 野上和幹,長濱虎太郎,山崎公俊:「 長期間活動を前提とした移動マニュピレータの作業能力の獲得 」 , 計測自動制御学会中部支部シンポジウム2019,講演番号PR-5, 2019.9.24. [PDF]
  7. Solvi Arnold,Kimitoshi Yamazaki: “Neural Network Architectures for Estimating Mesh Representations of Cloth Objects” ,第37回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2019,講演番号3A1-02,2019.9.6. [PDF]
  8. 朱瑞,長濱虎太郎,竹下佳佑,山崎公俊: 「Swept Volumeの検索に基づくリーチング動作のオンライン生成」,第37回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2019,講演番号3K1-06,2019.9.6. [PDF]
  9. 長濱虎太郎,山崎公俊: 「扉操作における二次元視覚画像を用いた成否判定」, 第37回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2019,講演番号3K1-07,2019.9. 6.[PDF]
  10. 鶴峯義久,崔允端,山崎公俊,松原崇充: 「変分オートエンコーデッド動的方策計画による布折り畳み動作の学習」 ,第37回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2019,講演番号1A2-07,2019.9.4
  11. 鶴峯義久,崔允端,山崎公俊,松原崇充: 「”最大エントロピー動的方策計画による柔軟物操作の模倣学習」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2019,講演番号1P2-A11,2019.6.6.
  12. 津田 翔, Solvi ARNOLD, 山崎公俊: 「物理シミュレーターを用いた衣服移動を抑えた折り畳み軌道の獲得」SICE中部支部シンポジウム2018, pp.67-68(講演番号PR-7), 2018.9.26 [PDF]
  13. 松浦 良, 山崎公俊, 千田有一: 「YOLOv3を用いた圃場におけるレタスの位置検出と精度評価」SICE中部支部シンポジウム2018, pp.61-62(講演番号PI-6), 2018.9.26 [PDF]
  14. 藤波香絵, 長濱虎太郎, 山崎公俊: 「布の折り畳み作業における人の視線移動について」SICE中部支部シンポジウム2018, pp.41-42(講演番号PI-1), 2018.9.26.[PDF]
  15. 鶴峯義久, 崔 允端, 山崎公俊, 松原崇充: 「変分オートエンコーデッドカルバックライブラー制御による物理制約を考慮したタスク達成に導く画像系列の合成」, 第36回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2018, 講演番号2E1-03, 2018.9.6.
  16. Solvi Arnold, Kimitoshi Yamazaki: 「An Object Recognition System for Disaster Robotics – UI Design and Platform Integration –」, 第36回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2018, 講演番号1C3-04, 2018.9.5. [PDF]
  17. 長濱虎太郎, 山崎公俊 : 「見えない状態変化の推定機構に基づく観察学習とタスク再現」, 第36回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2018, 講演番号1C3-01, 2018.9.5.[PDF]
  18. 東出 泰治,田中 大輔,山崎 公俊:「物体姿勢認識と手の動き認識に基づく部品組付け作業の理解」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2018,講演番号2A2-L16,2018.06.05. [PDF]
  19. 松田 耕太郎,Solvi Arnold,山崎 公俊:「複数視点からの観察による人姿勢認識のための視点計画」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2018,講演番号2P1-K04,2018.06.05. [PDF]
  20.  川越 智貴,山崎 公俊:「棒状部位の把持に向けた RGBD 画像からの円柱の直径推定」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2018,講演番号2A2-M05,2018.06.05.[PDF]
  21. 出村 聡規,莫 亜強,長濱 虎太郎,山崎 公俊:「教示者の動きの見立てに基づく道具操作軌道の生成法獲得」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2018,講演番号2P1-B16,2018.06.05.[PDF]
  22. 佐野 知樹,出村 聡規,中島 渉,長濱 虎太郎,竹下 佳佑,山崎 公俊:「単腕ロボットによる折り重ねられたタオルの分離と掴み上げ」,第18回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,講演番号3D1-07,2017.12.22.[PDF]
  23. 津田翔,山崎公俊:「双腕型移動マニピュレータによるハンガーにかけられた衣服の展開と折り畳み」,計測自動制御学会中部支部シンポジウム2017,講演番号PR-2,2017.9.15.[PDF]
  24. 東出泰治,田中大輔,山崎公俊:「テンプレートマッチングと幾何形状検出に基づく物体姿勢認識」,計測自動制御学会中部支部シンポジウム2017,講演番号PI-3,2017.9.15.[PDF]
  25. 出村聡規,伏木理郎,山崎公俊,千田有一:「深層学習を用いた圃場におけるレタスの位置検出」,計測自動制御学会中部支部シンポジウム2017,講演番号PD-3,2017.9.15.[PDF]
  26. 莫亜強,田中大輔,Solvi Arnold,松原崇充,山崎公俊:「双腕ロボットによる身体形状を用いた布製品の折り畳み」, 第35回日本ロボット学会学術講演会, 講演番号3I2-05, 2017.9.14. [PDF]
  27. Solvi Arnold,Kimitoshi Yamazaki:「Cloth Manipulation Planning by Back-propagation using a 3D Convolutional Auto-Encoder and a Recurrent Neural Network」, 第35回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2017, 講演番号2I2-02, 2017.9.13. [PDF]
  28. 田中大輔,Solvi Arnold,山崎公俊:「布製品折り畳みの学習と実ロボットによる操作実現」, 第35回日本ロボット学会学術講演会 RSJ2017, 公演番号3I1-03, 2017.9.14. [PDF]
  29. 守屋佑亮,田中大輔,山崎公俊,竹下佳佑:「単腕マニピュレータによる折りたたまれた布製品の適切な掴み上げ」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2017,講演番号2P2-G08,2017.05.12. [PDF]
  30. 安部祐一,坂東宜昭,永野光,昆陽雅司,山崎公俊,糸山克寿,猿渡洋,岡谷貴之,奥乃博,田所諭:「感覚機能統合型能動スコープカメラの開発」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2017,講演番号1P2-P01,2017.5.11.
  31. 佐野知樹,山崎公俊,山﨑正:「双腕ロボットを用いた製品組み立て工程におけるフラットケーブルの引掛け配線」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2017,講演番号1P2-A12,2017.5.11. [PDF]
  32. 山崎公俊,松田耕太郎,Solvi Arnold,星達也,山口竣平,濱田龍之介,大野和則:「サイバー救助犬の屋外探索活動における環境認識補助視覚の適用」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2017,講演番号2A1-Q06,2017.5.12. [PDF]
  33. 松本廣一郎,山崎公俊:「遠隔操作ロボットによる被災建物調査のための 払い動作を用いた床面の表面状態記述 – 払い速度と動摩擦係数の関係性の記述―」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2017,講演番号1P1-Q05,2017.5.11. [PDF]
  34. 田中大輔,Solvi Arnold,山崎公俊:「レジ作業自動化に向けた多様な物品の取り置き操作の検討」,第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,講演番号1M3-6,2016.12.15. [PDF]
  35. 小石原洋介,山崎公俊,松原崇充:「布の変形と伸縮性を考慮したTシャツのハンガーかけ作業の実現」,第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,講演番号1M4-2,2016.12.15. [PDF]
  36. 松本廣一郎,山崎公俊:「被災環境での走行可否判定に向けた払い動作に基づく表面状態記述のための基礎検討」,第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,pp. 0673 — 0676,2016.12.15. [PDF]
  37. Nahum Alvarez,Kimitoshi Yamazaki,Takamitsu Matsubara: “An approach to Short Plan Construction for Deformable Linear Object Manipulation,” 第34回日本ロボ ット学会学術講演会,講演番号3Z2-02,2016.9.9. [PDF]
  38. 村瀬真基,松原崇充,杉本謙二,田中大介,山崎公俊:「ゴムの粘弾性に着目した双腕ロボットによる輪ゴムかけ動作計画」,第34回日本ロボット学会学術講演会,講演番号3Z2-03,2016.9.9.
  39. 守屋佑亮,山崎公俊,竹下佳佑:「把持経験の蓄積に基づく布製品の掴み上げ能力の獲得」,第34回日本ロボット学会学術講演会,講演番号3F1-02,2016.9.9. [PDF]
  40. アーノード ソービ,山崎公俊:「Rapid online semi-supervised training of a scene parser using a convolutional auto-encoder and representation nudging」,第34回日本ロボット学会学術講演会,講演番号2Z1-05,2016.9.8. [PDF]
  41. 横小路泰義,渡辺哲陽,山崎公俊:「把持機能と認識機能の統合による高度なマニピュレーションを実現するための標準的マニピュレーションタスク」,第34回日本ロボット学会学術講演会,講演番号1B2-06,2016.9.7.[PDF]
  42. 弓場寛之,守屋佑亮,小石原洋介,山崎公俊:「つまみ滑りの失敗検知回復を伴う双腕ロボットによる布製品の展開」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,講演番号2A1-10a1,2016.6.10. [PDF]
  43. 伏木理郎、山崎公俊、白井啓一郎、千田有一:「二次元画像処理を用いたキャベツ結球部の中心位置推定」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,講演番号2A1-09a6,2016.6.10.
  44. Solvi Arnold, Kimitoshi Yamazaki:「Scene-parsing for disaster environments by means of a convolutional neural network」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,講演番号1A2-09a7,2016.6.9.[PDF]
  45. 松本廣一郎,田代治之,山崎公俊:「テクスチャ特徴量を用いた瓦礫構成物の種別に関する検討」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,講演番号1A1-09b1,2016.06.09. [PDF]
  46. 小石原洋介,山崎公俊:「双腕ロボットによる紐状物体の引掛け配線作業の実現」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,講演番号2P1-03b3,2016.6.10.[PDF]
  47. 松本廣一郎,山崎公俊:「三軸触覚センサ板ユニットを用いた棒状物体の種別と把持方向推定」,第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,講演番号2L3-6,2015.12.15. [PDF]
  48. Solvi Arnold, Kimitoshi Yamazaki: “Patch-wise Object Recognition for a Mobile Robot by means of a Convolutional Neural Network,” 第33回日本ロボット学会学術講演会,講演番号2B1-04,2015.9.4.[PDF]
  49. 弓場寛之,山崎公俊:「認識の不確実性を考慮した動作選択に基づく矩形布生地の展開」,第33回日本ロボット学会学術講演会,講演番号2B1-05,2015.9.4.[PDF]
  50. 弓場寛之,山崎公俊:「双腕ロボットによる摘み滑り動作を伴う矩形布生地の展開」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,講演番号2P1-E04,2015.5.19.[PDF]
  51. 守屋佑亮,山崎公俊:「行動蓄積データを用いた多関節アームの卓上物体把持計画」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,講演番号2P1-E05, 2015.5.19.[PDF]
  52. 下田真宙,山崎公俊:「弁別性と持続性の評価に基づく移動ロボットのためのビジュアルランドマーク選択」,ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,講演番号2A1-U06, 2015.5.19. [PDF]
  53. 古山真人,下田真宙,原祥尭,山崎公俊,坪内孝司:「信州大学工学部キャンパス案内ロボットのための自律走行システムの構築」,計測自動制御学会中部支部講演会2014, 2014.9.19.[PDF]
  54. 松本廣一郎,弓場寛之,山崎公俊:「出掛け時支援を行う屋内設置型サービスシステムの構築」,計測自動制御学会中部支部講演会2014, 2014.9.19. [PDF]
  55. 守屋佑亮,山崎公俊:「動作経験の蓄積データを利用した手先軌道生成の効率化」,計測自動制御学会中部支部講演会2014, 2014.9.19.[PDF]
  56. 下田真宙,山崎公俊:「視認性評価に基づく移動ロボットのためのランドマーク選択」,計測自動制御学会中部支部講演会2014, 2014.9.19.[PDF]
  57. 山崎公俊,入江清,友納正裕:「遠近変化による見えの違いに対応した屋外画像からの路面領域の検出」,第32回日本ロボット学会学術講演会,講演番号2I2-01,2014.9.5. [PDF]
  58. 山崎公俊:「布製品に関わる家庭内作業自動化のための蓄積センサデータに基づく認識処理の方式」日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会 [PDF]
  59. 山崎公俊,花井亮,下坂正倫:「家庭用小型片付けロボットのための物品センサデータライブラリの構築」日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会 [PDF]
  60. 弓場寛之,山崎公俊:「単腕ロボットによる巻き込み防止器具を用いた矩形布生地の展開」,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会,2014.5.27. [PDF]
  61. 松本廣一郎,山崎公俊:「三次元距離画像の不観測データパターンを利用した物体の存在位置推定」,日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門講演会,2014.5.27. [PDF]
  62. 長濱虎太郎,三宅健司,山崎公俊,矢口裕明,岡田慧,稲葉雅幸:「遮蔽近傍時刻を用いた見えない作用推定に基づく道具利用タスク学習法」,第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,講演番号1K1-1,神戸,2013/12/18. [PDF]
  63. 永谷圭司,油田信一,吉田智章,伊豆智幸,Randy Mackay,多田隈建二郎,山崎公俊,羽田靖史,森川裕二,島田徹,藤原伸也,飯野勝博:「飛行ロボットと小型移動ロボットの複合システムによる火山活 動区域の無人調査」,第14回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,講演番号1C1-6,神戸,2013/12/18.[PDF]
  64. 弓場寛之,山崎公俊:「単腕ロボットによる布製品操作のための布生地展開補助具の検討」,計測自動制御学会中部支部講演会,長野,2013/9/20. [PDF]
  65. 岡田慧,大塚美智子,滝澤愛,垣内洋平,山崎公俊,稲葉雅幸:「衣環境におけるライフスタイル創成のための生活創政支援学」,第31回日本ロボット学会学術講演会,講演番号1N1-02, 東京,2013/9/4.[PDF]
  66. 垣内洋平,野沢峻一,山崎公俊,岡田慧,稲葉雅幸:「ロボットによる家事支援事例 – 家政学の観点からの評価へ向けて」,第31回日本ロボット学会学術講演会,講演番号1N1-08, 東京,2013/9/4.[PDF]
  67. 山崎公俊:「全体形状の類似性評価に基づく無造作に置かれた布製品の把持位置選択」第31回日本ロボット学会学術講演会,講演番号1M2-04, 東京,2013/9/4. [PDF]
  68. 山崎, 宗玄, 山本, 稲葉:「面の対応付けによる家具可動部の全周形状モデリング」, in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’13 講演論文集, 2A2-Q13, 2013. [PDF]
  69. 大矢, 長濱, 三宅, 山崎, 岡田, 稲葉:「衣類引っ掛かりの視覚検出による補正動作を用いたヒューマノイドロボットのズボン着衣支援タスクの実現」, in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’13 講演論文集, 2A2-Q13, 2013.
  70. 大矢, 長濱, 山崎, 岡田慧, 稲葉:「ヒューマノイドロボットによる着衣動作中の失敗状態を考慮した着衣支援行動の実現」, in 第30回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 3C2-8, 2012.
  71. 長濱, 西野, 山崎, 岡田, 稲葉:「重畳関係と随伴性を用いた作用推定に基づくヒューマノイドの道具操作」, in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’12 講演論文集, 2A1-F04, 2012.[PDF]
  72. 西野, 山崎, 長濱, 稲葉:「注視領域可変カメラシステムを搭載したロボットによる環境中の文字列発見と読み取り」, in 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’12 講演論文集, 2A1-F03, 2012.
  73. 大矢, 長濱, 山崎, 稲葉:「状態遷移グラフを用いた衣類着脱支援のための布状態推定と着脱モデルの構築」, in 情報処理学会第74回全国大会講演論文集, 4Q-4, 2012.
  74. 山崎, 森, 山本, 稲葉:「距離画像データからの平面・稜線検出に基づく日常家具の可動構造付き形状モデリング」, in 第12回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, 3M2-3, 2011.[PDF]
  75. 山崎, 稲葉:「布地としわに由来する画像特徴を用いた布製品の分類」, in 第12回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, 2N2-5, 2011.[PDF]
  76. 長濱, 山崎, 岡田, 稲葉:「人の道具操作観察における機能分類のための重畳・随伴関係推定」, in 第12回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, 3A2-4, 2011.[PDF]
  77. 大矢, 長濱, 山崎, 稲葉:「衣類着脱支援のための布内部領域の動的変化を用いた状態マッチング」, in 第12回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, 2N2-4, 2011.
  78. 鈴木, 矢口, 山崎, 花井, 岡田, 稲葉:「頭部装着三次元カメラによる手指の分離認識に基づく操作対象物のモデル獲得と認識」, in 第12回SICEシステムインテグレーション部門講演会講演概要集, 2N2-2, 2011.
  79. 山崎, 稲葉: 「しわや折れ重なりに着目した画像特徴量による布の状態表現」,第14回画像の理解・認識シンポジウム, 2011.[PDF]
  80. 山崎, 森, 山本, 稲葉: 「Time-Series Composite Cuboid Map を用いた動的物体との衝突・隠蔽のオンライン検出」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’11 講演論文集, 1P1-E02, 2011.[PDF]
  81. 長濱, 西野, 山崎, 岡田, 稲葉: 「生活支援ロボットによる日常物体操作観測のための複数対象の同時追跡と重畳関係推定」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’11 講演論文集, 2A1-H07, 2011.[PDF]
  82. 西野, 山崎, 岡田, 稲葉: 「認識行動統合ロボットにおける把持観察操作に基づく物品の文字読み取り行動の実現」, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会’11 講演論文集, 2A1-H06, 2011.[PDF]
  83. 西野,山崎, 岡田,稲葉:「閉輪郭線の文字らしさに基づく画像からの文字列検出」,第73回情報処理学会全国大会, No.2, pp.545–546, 2011.
  84. 山崎, 森,山本,稲葉:「Multi-Level Surface Map の時系列拡張による生活支援ロボットの作業領域表現」, 計測自動制御学会SI部門講演会, 講演番号 1B4-3, 2010.[PDF]
  85. 長濱,西野,山崎, 岡田,稲葉:「ヒューマノイドの低次視覚機能による人の道具操作行動観測を目的とした時空間対象追跡」, 第28回日本ロボット学会学術講演会, 講演番号 1A2-2, 2010.[PDF]
  86. 山崎, 得津,岡田,山上,佐藤,矢口,花井,稲葉:「三次元物体認識のための基本形状グループを用いた高可視性識別器の検討」,第28回日本ロボット学会学術講演会, 講演番号 2I1-2, 2010.[PDF]
  87. 渡 辺, 長濱,山崎,岡田,稲葉:「一般調理道具を扱う等身大ヒューマノイドの認識行動システム統合とサラダ調理の実現」,ロボティクス・メカトロニクス講演会 ’10, 講演番号 2A2-A17, 2010.
  88. 渡辺, 長濱,山崎,岡田,稲葉:「表皮視覚認識と凹凸形状へのなじみ動作に基づく野菜皮むき動作のヒューマノイドによる実現」,ロボティクス・メカトロニクス講 演会’10, 講演番号 2A2-A16, 2010.
  89. 渡辺, 長濱,山崎,岡田,稲葉:「力覚状態認識に基づく包丁を用いた野菜切断行動のヒューマノイドによる実現」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’10, 講演番号 2A2-B17, 2010.
  90. 山崎, 矢口,花井,稲葉:「PR2の認識・把持・移動機能統合による日用品片付け行動の実現」,ロボティクス・メカトロニクス講演会’10, 講演番号 2A2-B18, 2010.[PDF]
  91. 畑尾,花井,斉藤,山崎,稲葉:「3次元LRFによる道路構造の理解に基づく屋外マッピングシステムの構築」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’10, 講演番号 1A1-D18, 2010.[PDF]
  92. 西野,小島,垣内,山崎, 岡田,稲葉:「QRコードを物品の目印として利用する日常支援ロボットの構想と視野中のQRコードの発見」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’10, 講演番号 2A2-A19, 2010.[PDF]
  93. 花井,山崎, 矢口,稲葉:「PR2による物品片付け機能実現のための開発事例」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’10, 講演番号 2A2-B19, 2010.[PDF]
  94. 矢口,花井,山崎,稲葉:「PR2による把持動作のための複合視覚を用いた小型物体認識手法」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’10, 講演番号 2A2-B20, 2010.
  95. 斉藤,畑尾,花井,山崎,岡田,稲葉:「屋外モビリティロボットを用いた人の手振りの検出によるタクシーサービスの実現」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’10, 講演番号 2A2-D24, 2010.[PDF]
  96. 植田,野沢,伊藤,山崎, 岡田,稲葉:「等身大ヒューマノイドの状態表現に基づく失敗検知復帰ルール記述可能な行動動作システム」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’10, 講演番号2P1-D03, 2010.
  97. 山崎, 稲葉:「生活支援ロボットのためのしわ特徴に基づく衣類発見法」, 第27回日本ロボット学会学術講演会, 2R1-05, 2009.
  98. 山崎, 野沢, 植田, 槙, 森, 岡田, 松本, 稲葉:「日用品データベースを利用する家事支援ロボットによる 思い出し・片付け支援」, 第27回日本ロボット学会学術講演会, 2E2-05, 2009.
  99. 渡辺, 山崎, 岡田, 稲葉:「ヒューマノイドによる調理行動のための認識行動システムの実現」, 第27回日本ロボット学会学術講演会, 3S3-05, 2009.
  100. 高橋, 横山, 森, 植田, 山崎, 岡田, 松本:「思い出し支援のための日用品データベースシステム」, 第27回日本ロボット学会学術講演会, 2R1-04, 2009.
  101. 山崎, 稲葉:「仮想アームを用いた車輪型移動ロボットの走行経路制御」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’09, 2A1-F19, 2009.
  102. 畑尾, 花井, 山崎, 稲葉:「倒立二輪型ロボットPMRにおける歩行者の存在する環境下での リアルタイムナビゲーションの実現」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’09, 2P1-F07, 2009.
  103. 植田, 野沢, 森, 山崎, 岡田, 稲葉:「等身大ロボットによる家事支援タスクシーケンスにおける失敗検知回復の構造記述」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’09, 1P1.D04, 2009.
  104. 畑尾, 花井, 山崎, 稲葉:「動的環境に対応した円弧と接線をつなぐ経路探索手法」, 第26回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 2H1-05, 2008.
  105. 山崎, 稲葉:「カメラとLRFを併用した日常生活支援ロボットのための家具姿勢認識」, 第26回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 3F3-07, 2008.
  106. 山崎, 矢口, 畑尾, ザオプトラ, 稲葉:「単眼広角カメラを用いた屋内三次元環境モデリングと姿勢推定」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’08 講演論文集, 2P1-G13, 2008.
  107. 矢口, ザオプトラ, 畑尾, 山崎, 岡田, 稲葉:「マルチセンサ情報を利用したビューベーストナビゲーションの研究」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’08 講演論文集, 2A1-E14, 2008.
  108. 植田, Zaoputra, 西野, 矢口, 山崎, 花井, 岡田, 稲葉:「車載視覚計測システムを利用したGloogle Earthの3D環境モデリング」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’08 講演論文集, 2P1-G11, 2008.
  109. 植田, 小倉, 神崎, 山崎, 岡田, 稲葉:「柔軟物シミュレーションを利用した布団保持姿勢の獲得」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’08 講演論文集, 2A1-D17, 2008.
  110. 山崎, 槙, 森, 小島, 岡田, 稲葉:「等身大ヒューマノイドによる物体重量を考慮した双腕抱きかかえ行動の実現」, 第8回自動制御学会システムインテグレーション部門講演論文集, 2B3-2, 2007.[PDF]
  111. 山崎, 槙, 森, 小島, 岡田, 稲葉:「等身大ヒューマノイドによる物体受け取り姿勢計画と行動実現」,第25回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 2L12, 2007.[PDF]
  112. 山崎, 小島, 岡田, 稲葉:「多自由度アームに搭載した光走査型距離センサによる対象認識と環境モデリング」,第25回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 2L23, 2007.[PDF]
  113. 門脇, 小島, 山崎, 岡田, 稲葉:「ヒューマノイドによるハンカチのアイロンがけ動作における動作計画と視覚誘導」,第25回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 3L14, 2007.
  114. 岡田, 小島, 得津, 森, 槙, 門脇, 山崎, 花井, 稲葉:「日常生活支援ヒューマノイドにおける認識・学習・行動融合技術の研究」,第25回日本ロボット学会学術講演会講演論文集, 2L26, 2007.
  115. 横山, 杉, 高橋, 山崎, 檜山, 花井, 森:「ライフログ画像からの日用品画像抽出と提示の試み」, 第25回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 1L28, 2007.
  116. 山崎, 坪内,友納:「移動ロボットによる収納家具操作のためのモデル獲得」,ロボティクス・メカトロニクス講演会’07, 2P1-G10, 2007.[PDF]
  117. 小畑,山崎,坪内:「移動カメラによる屋内壁面のひび割れ検出の自動化」,第13回画像センシングシンポジウム,2007.[PDF]
  118. 山崎, 友納, 坪内, 油田:「手先姿勢誤差の修正量に基づく移動マニピュレータの姿勢評価」, 第24回日本ロボット学会学術講演会, 講演番号3E16, 2006.9.[PDF]
  119. 山崎, 友納, 坪内, 油田: 「複数の作業姿勢候補を持つ移動マニピュレータの動作計画」, 第24回日本ロボット学会学術講演会, 講演番号3E17, 2006.9. [PDF]
  120. 山崎, 友納, 坪内, 油田:「未知形状の小型物体を自動で把持する移動マニピュレータ」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’06, 講演番号 2P1-D24, 2006.6.[PDF]
  121. 山崎, 友納, 坪内, 油田:「密な三次元形状モデルに基づく小型物体の把持」, 第23回日本ロボット学会学術講演会, 講演番号 3C17, 2005.9.[PDF]
  122. 山崎, 友納, 坪内, 油田:「方向つき点群を利用した幾何形状判断に基づく小型物体の把持戦略」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’05, 講演番号 1P2-N-090, 2005.6.[PDF]
  123. 山崎, 友納, 坪内, 油田:「カメラを搭載した移動ロボットによる物体のオンライン3次元モデリング」, 第22回日本ロボット学会学術講演会, 講演番号 2F14, 2004.9. [PDF]
  124. 油田, 山崎, 二瓶, 神田, 上石, 久武, 佐々木, 島田:「画像中の色領域検出と3眼ステレオ方式を用いた旋廻型建設機械の 安全監視システム」, 第10回建設ロボットシンポジウム, pp.209–218, 2004.9.
  125. 山崎, 大野, 入江:「3D-CoSMo:モバイルカメラを利用した3次元コミュニケーションツール」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’04, 講演番号 2A1-H-32, 2004.6. [PDF]
  126. 山崎, 友納, 坪内, 油田:「移動ロボットによる物体ひろいあげのための対象物の3次元形状獲得 ~ロバスト性と復元精度の向上~」, 第4回システムインテグレーション部門講演会 (SI2003), 講演番号 3G5-4, 2003.12. [PDF]
  127. 山崎, 友納, 坪内, 油田:「移動マニピュレータによる物体ひろいあげのための対象物の逐次的な形状復元」, 第21回ロボット学会学術講演会, 講演番号 2K26, 2003.9.
  128. 山崎, 友納, 坪内, 油田:「実環境での物体操作を目的とした移動ロボットによる対象物探索」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’03, 講演番号 2P1-1F-E2, 2003. 6. [PDF]
  129. 山崎, 坪内, 油田:「視覚を有する腕付き移動ロボットによる直方体ひろいあげ」, ロボティクス・メカトロニクス講演会’02, 講演番号2A1-I08, 2002. 6.[PDF]

| その他研究会等
  1. Kamal,津田,山崎:「双腕ロボットによる風呂敷包みのための作業計画」,信州ロボット研究会ポスター発表会,講演番号5,2018.3.
  2. 莫,松原,山崎:「人型双腕ロボットによる身体部位を用いた布製品折り畳み行動の獲得」,信州ロボット研究会ポスター発表会,講演番号9,2018.3.
  3. 松田,山崎,Solvi:「畳み込みニューラルネットワークを用いた身体部位認識」,信州ロボット研究会ポスター発表会,講演番号7,2018.3.
  4. 中島,莫,長濱,竹下,山崎:「強化学習による柔軟物の把持および持ち上げ動作の獲得」,信州ロボット研究会ポスター発表会,講演番号8,2018.3.
  5. 松本,山崎:「ロボットハンド用触覚センサシステムによる棒状物体の種別と姿勢推定」,信州ロボット研究会ポスター発表会,講演番号4, 2015.11.
  6. 守屋,山崎:「行動蓄積データを用いた多関節マニピュレータの動作計画」,信州ロボット研究会ポスター発表会,講演番号20, 2015.11.
  7. 弓場,山崎:「双腕ロボットによる矩形布生地の展開」,信州ロボット研究会ポスター発表会,講演番号21, 2015.11.
  8. 小石原,山崎:「ケーブル操作に向けたソケットの認識と把持」,信州ロボット研究会ポスター発表会,講演番号22, 2015.11.
  9. 守屋,山崎:「行動蓄積データを用いた多関節アームの動作計画」,2015年度第1回山彦シンポジウム,session7,2015. 8.
  10. 古山,下田,守屋,弓場,松本,山崎:「信州大学AISLABチームの第1回つくばチャレンジ」,つくばチャレンジ2014技術報告会資料.

| 報道・雑誌掲載等
  1. SBCずくだせテレビにおいて,布製品の認識操作に関する研究活動が紹介された.2019年4月24日.
  2. Impact誌において,布製品操作に関する研究活動が “Research work on cloth recognition and manipulation in the Autonomous Intelligence and Systems (AIS) laboratory at Shinshu University” として紹介された.Volume 2018, Number 11, pp. 6-8(3), Dec. 2018. https://www.ingentaconnect.com/content/sil/impact/2018/00002018/00000011/art00003
  3. 信濃毎日新聞(紙版,電子版)にて,柔軟物操作の自動化に関する研究活動が紹介された.2019年1月6日.https://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20190106/KT181230FTI090003000.php
  4. TBSの「未来の起源」にて研究室の活動が2回にわたり紹介された.第1回:2018年11月18日(日)TBSおよび2018年11月25日(日)BS-TBS.第2回:2018年12月9日(日)TBS,2018年12月16日(日)BS-TBS.
  5. 日刊工業新聞にて,ロボットへの動作教示手法の研究が紹介された.2018年7月10日.https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00480535.
  6. 「被災環境下での捜索・状況確認活動を支援する画像認識システム」として,科学技術振興機構のImPACT NEWS LETTERに掲載された,Vol.8, pp.5, 2017/1/31. [PDF]
  7. 雑誌「子供の科学」2016年11月号9ページに,災害対応ロボットのための画像認識システムが紹介された.
  8. 信州大学,東北大学,科学技術振興機構,内閣府の連名により,被災環境における災害対応ロボットのための画像認識システムについてのプレスリリース.2016年9月6日.[URL1][URL2].
  9. SBCラジオ「ともラジ」サンデースペシャルにおいて,災害対応ロボットの視覚に関する紹介をおこなった.放送時間:2/22(日)11:30~13:00.
  10. 日刊工業新聞 2014/6/2号, 2014/6/16号の「キラリ研究開発」第145回,第146回に,布製品の認識・自動操作に関わるこれまでの研究活動が紹介された.
| Patent
  1. 出願番号:特願2019-169134,「穴のある対象物用の把持装置」,2019年9月18日.
  2. 出願番号:特願2019-142793,「軌道生成装置」,2019年8月2日.
  3. 出願番号:特願2019-55513,「結球野菜の結球中心の認識方法、認識装置、および収穫機」,2019年3月22日.
  4. 出願番号:特願2017-241555,「把持装置、学習装置、学習済みモデル、把持システム、判定方法、及び学習方法」,2017年12月18日.
  5. 出願番号:特願2017-174241,「操作方法生成システム」,2017年9月11日.
  6. 出願番号:特願2017-092179,「制御装置、ロボット、およびロボットシステム」,2017年5月8日.
  7. 出願番号:特願2016-172816,「布製品の掴み上げ成否判定システム」,2016年9月5日.
  8. 出願番号:特願2016-148267,「画像判別装置及び画像判別方法」,2016年7月28日.
  9. 出願番号:特願2016-034277,「制御装置,ロボット,及びロボットシステム」,2016年2月25日.
  10. 出願番号:特願2014-103995,「物体の存在位置の推定方法」,出願日:2014年5月20日.
  11. 出願番号:特願2013-192589,「布製品の展開方法及びこれに用いる展開用器具 」,出願日:平成25年9月18日.
  12. 出願番号:特願2013-162202,「3次元環境復元装置」,平成25年8月5日.
  13. 出願番号:特願2013-105397(特許第5766936号),「3次元情報取得方法及び3次元情報取得装置」,平成25年5月17日.
  14. 出願番号:特願2012-201465(特許第5937469号),「物体認識装置、物体認識方法及び物体認識プログラム」,平成24年9月13日.
  15. 出 願番号:特願2011-275582,「特徴量抽出方法、被写体分類方法、被写体判別方法、特徴量抽出装置、被写体分類装置、被写体判別装置、特徴量抽 出・被写体分類及び被写体判別プログラム及び該プログラムを記録した記録媒体」,出願日:平成23年12月16日.(国際出願番号:PCT/JP2012 /068229).
  16. 出願番号:特願2011-282062(特許第5785074号),「モデル生成装置,モデル生成方法及びモデル生成プログラム」, 出願日:平成23年12月22日.
  17. 出願番号:特願2011-046279(特許第5650021号),「3次元環境復元装置、その処理方法、及びプログラム」,出願日:平成23年3月3日.
  18. 出願番号:特願2010-252487,「3次元環境復元装置、3次元環境復元方法、及びロボット」,出願日:平成22年11月11日.
  19. 出願番号:特開2010-120124(特許第5175691号),「ロボットアームの教示システム及び方法」,出願日:平成20年11月20日.
  20. 出願番号:特開2010-108272,「自律型移動ロボット及び自律型移動ロボットの移動制御方法」,出願日:平成20年10月30日.
  21. 出願番号:特開2010-060451(特許第5297727号),「ロボット装置及び物体の位置姿勢推定方法」,出願日:平成20年9月4日.
  22. 出願番号:特開2010-059562(特許第5189439号),「布検出装置及び布検出方法」,出願日:平成20年9月2日.